口臭対策は特に気になるポイント

005異動になってから接客をする仕事になったので、口臭のことが気になるようになってしまいました。

それまでも気にしていなかったというわけではないのですが、ずぼらな性格なので歯磨きをしなかったりにんにく料理などを大量に食べてしまったりしてしまったりすることがあったのですが、さすがに接客でこれはまずいと思うようになり、口臭対策をするようにしました。

まずは歯磨きを徹底することにしたのですが、これだけでは口臭が完全に防ぐことができずどうやら虫歯などによって、口臭の原因になっていたせいか、虫歯を治すことから始めました。

虫歯を治すと同時に歯周病にもなっていたようで、それも改善したため大分口臭は軽減されることになったのです。それからは虫歯にならないように歯磨きを丁寧にすることにして、後は食事も気をつけるようにしています。

続きを読む

体調管理を含めて口臭対策を

004販売の仕事をしているので、口臭対策は欠かすことができません。口臭は自分ではわかりにくいだけに非常に気になるものなのですが、それだけに口臭対策はしっかりするようにしています。

とりあえず、歯磨きを徹底させることと歯周病にならないように口の中の健康を保つのをまず第一にしています。やはり、口臭の原因というのは口内環境の影響が大きいわけですから、口内環境を衛生的にするのは一番気にしている部分です。

次に食事にも気を使っていて、口臭の原因になりそうなものは極力避けるようにしていますし、過度のダイエットなどもしないようにしています。

どの程度ほんとなのかはわかっていませんが、内臓が悪いとそれも口臭の原因になってしまうという話を聞いたことがあるので、そのような部分でも口臭にならないか気をつけています。後はミントタブレットのようなものを常に携帯をして、頃合いを見てそれを舐めたりしていますね。

続きを読む

口臭対策と歯磨きの関係

003口臭対策を考えている方にオススメできることは、当たり前に思われるかもしれませんが、歯磨きを徹底させることです。

では、いつ歯磨きをすれば良いのでしょうか。これも、当たり前のようですが、まず食後です。すなわち、食事によって口の中が汚れますから、これを洗い落とすことです。

では、どのような歯の磨き方がよいのでしょうか。まず、歯磨きは歯ブラシにそれほどたっぷりとつけなくても大丈夫です。要は、ブラッシングによって泡立つくらいの歯磨きの量で大丈夫なのです。

それでは、歯ブラシの硬さはどのくらいが良いのでしょうか。「かたい」歯ブラシを使うほうが良いのではないかと思っている方も多いかもしれませんが、そうではありません。

というのは、「かたい」歯ブラシでは歯茎を痛めてしまう可能性があるからです。

続きを読む

私が実践している口臭対策

002

私が行った口臭対策は、レモンティーを飲むことです。紅茶にはカテキンが含まれているので、消臭効果があります。またレモンのクエン酸には殺菌効果があるので、口の中で繁殖した細菌を一気に死滅させることが可能です。

生のレモンを丸かじりすることは難しいので、飲み物としてこれらの成分を摂取すると口臭が気になる時に気軽に実践できます。また人前に出る時などは、口臭を引き起こす食べ物や飲み物は口にしないことも効果的です。

ニンニクは多くの人が口臭を悪化させるイメージがあるように私も避けています。ニンニクの臭い成分であるアリシンは、殺菌や抗菌効果がありますがニンニクをたくさん食べると、汗の臭いまでニンニク臭くなります。

アリシンはネギ類全般に含まれているので、大事な用がある時は食べません。飲み物ではコーヒーが一番口臭を強くします。

続きを読む

口臭対策に色々と気を配っている

005

人と直接コミュニケーションをする仕事をしているので、口臭対策には気を使っています。気を使っているというよりはむしろ、かなり神経質になっているぐらいで口臭がないだろうかと常に不安になってしまっているぐらいです。

ミントタブレットやガムなどは必要不可欠なものとなっていますし、歯磨きも毎食後必ず行っています。ただ、この辺は行き過ぎたら逆に良くないのではないかと思うのですが、気になってしまってどの程度で済ませるのかいまいち自分の中ではっきりとさせることができません。

それでも一応気を使っているだけに、口臭のことで誰かに何かを言われたことはないのですが、わざわざ指摘する人がいるわけでもないだけに少し不安です。

後は食べ物にも特別気を使っていて、にんにくなどのような口臭の原因となるような食べ物に関しては、休日の前の日ぐらいしか食べないようにしています。

続きを読む